渾 彩秀 書の世界

コミュニケーションの手段として人は文字を用いてきました。古代中国やエジプトでは、物の形をかたどった字形で、伝達すべき内容を象形文字(Hierogly)に表し伝えていました。漢字圏である古代中国から、日本に伝えられた漢字。この漢字は中国の歴史の中で完成された文字です。文字は常にその時代の社会性と時代性を反映しながら変化しています。

渾彩秀が創り出す、文字の形は、文字を単なるコミュニケーションの手段だけに留まりません。
決意や意志、感情を含めた情報までもが文字に表されているのです。
渾彩秀は日本国内はもちろん、広く海外においても理解される新しい文字を追求しています。

ウマは漢字で「馬」と表現する。写実的な馬の横顔の原型を図形的に解析しパターン化し、イメージとしてまとめたもの

uma.jpg

書道を極める
歴史が語る「書」

書の古典とは、先人たちの努力と創意の積み重ねにより生まれた美しい筆跡だ。この古典を学ぶことが最も正統な書の学習とされています。

書の歴史(出典:wikipedia)詳しくはこちら
書道の歴史(出典:wikipedia)詳しくはこちら